岸和田徳洲会病院薬師寺先生 HAEジャパン協力医師に。

岸和田徳洲会病院薬師寺先生 HAEジャパン協力医師に。

岸和田徳洲会病院にHAE外来を新設

大阪岸和田徳洲会病院に月曜日隔週で

HAE外来が新設され、6月30日に行われた

HAEJ交流会にて担当医師で開設に尽力してくださった

薬師寺先生をお招きしてその想いをお聞きしました。

薬師寺先生とHAEとの出会いは研究調査だったとのこと。

2011年7月1日~2014年6月30日まで

大阪府の13の救命旧センターで行われた

スクリーニング調査でC1インヒビターと補体C4の検査を

した結果3名の患者が新たにHAEと診断されたそうです。

その後の経験などから、HAE患者さんを受け入れるにあたって、

診断・治療までトータルでみていくことができるようにと、

外来を立ちあげてくださったとのこと。

救急医の立場で診るHAE

HAEはのどなどの器官が腫れると喉頭浮腫といって

窒息へ至り、最悪の場合亡くなってしまう場合もあります。

実際に未診断の方達の多くはこれにより亡くなっています。

救急医ならではの薬師寺先生の迅速な診断・治療選択に

HAEJも今後の治療環境の改善を期待しています。

この度、交流会後協力医師としてHAEJの会員登録を

してくださいました。

薬師寺先生はHAEの研究にも大変意欲的であり、

この度の外来設立に心から感謝すると共に、

今後のご活躍を心から期待しています。

(交流会で話す右薬師寺先生、中央理事長山本ベバリー、左広島大学秀先生)

------------------

岸和田徳洲会病院のHPはこちらから。

https://kishiwada.tokushukai.or.jp/

*HAEで診療ご希望の方は事前に病院へお問い合わせください

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

協力医師を随時募集中です

HAEJでは随時協力医師の先生や研究者の方達を

募集しています。HAEJで協力・実施している

研究調査や患者さんの実態、HAEの国際ガイドラインや

治療の情報などを先生方ともいち早く情報共有しています。

ご協力いただける先生方はぜひ

info@haej.org

までご連絡お待ちしています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在の協力医師の先生方はこちら(順不同)。

・埼友草加病院 院長 大澤 勲先生 (腎・透析内科)

・広島大学病院 教授 秀  道広先生(皮膚科)

・奈良県立医科大学付属病院 小豆澤 宏明先生(皮膚科)

・帝京大学医学部付属病院 鈴木 大士先生(耳鼻科)

・新潟市民病院 野本 優二先生(緩和ケア内科)

・神戸大学医学部付属病院 福永 淳先生(皮膚科)

・順天堂大学浦安病院 本田 大介先生(腎臓内科)

・岸和田徳洲会病院  薬師寺 泰匡先生(救急救命センター)

 

 

 

 

 

 

最新お知らせ・活動ブログ